【2020年4月】楽天アンリミット AQUOS sense3(SH-M12)で設定してみた

格安SIM

AQUOS sense3に楽天アンリミットのSIMをそのまま入れてみた

国内SIMフリー版のAQUOS sense3(SH-M12)をocnモバイルoneで購入しました。

まずは、楽天アンリミットのSIMをそのまま挿入して、スマホの電源を入れてみました。

スマホの上部に、電波が立って、rakutenと表示されるものの、通信は出来ませんでした。



APNの設定をしてみた

楽天アンリミットの標準端末以外の場合は、APNの設定をしないと、使えないようなので、下記設定しました。

APN rakuten.jp
MCC 440
MNC 11
APN タイプ default,supl,tether
APNプロトコル IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル IPv4/IPv6
ベアラー LTE

APN設定した結果

設定後は、AQUOS sense 3で通信、通話とも出来るようになりました。

楽天リンクのアプリを使った通話も問題なく使用できます。

楽天モバイルの公式の対応端末でなくても、APNの設定で使える可能性はあるので、是非、試してみて下さい。

楽天アンリミットの料金

1ヶ月税抜で2980円、税込で3278円です。

データ容量としては、楽天エリアで使い放題、パートナー(au)エリアでは5GB使えるようになりました。

更に楽天リンクのアプリ経由で電話もかけ放題なので、キャリアに比べるとお得感を感じる価格設定ですね。

今後、どれくらいのスピードで楽天エリアが広がっていくのかが大きな課題だと思います。