【2020年5月】楽天アンリミット対応のスマホで、楽天エリア内なのに楽天回線の電波をつかまない時の対応方法

格安SIM

はじめに

間違いなく楽天リンクエリアのはずなのに、何故かパートナーのauエリアの5GBを使いきってしまって、速度制限がかかってしまった管理人です。

もしかして、端末が対応してなかったのかも?と思い、使っている端末のスペックを確認しましたが、間違いなく楽天回線のバンド3に対応してました。

ということは、楽天アンリミットのホームページ上はカバーされてるのエリアであっても、実際にはまだ対応してない?なんてことを考えたり。。。

楽天回線を掴んでるかどうかの確認方法

楽天モバイルのアプリを開けば、簡単に確認することが出来ます。

楽天回線を掴んでるときは、下記のように

楽天回線エリア データ無制限

と表示されます。

パートナーのau回線を掴んでるときは、下記のようにパートナー回線と表示されます。

 

強制的に楽天回線に切り替える方法

まずは、モバイルネットワークを選択して、

次に通信事業者を選択して、

ネットワーク選択の自動選択を無効にする。

そうすると、スマホ側でネットワークの検索が始まります。何度か試してみましたが、3~5分経つとネットワーク一覧が表示されます。

ここで、楽天回線を選択すれば、完了です。

これで、楽天回線を強制的に使うことが出来ます。

但し、楽天エリアから外れてもパートナーのau回線に切り替わってくれないので、通信できないときはネットワーク選択を自動に戻す必要があります。

まとめ

1年間無料で使えるし、楽天リンクのアプリをとても使いやすいし、メイン回線を楽天にしてもいいかなと思う一方で、こういった、ちょっとした問題が残っているのも事実のようです。

エリア拡大と利用者の増加に伴って、こういった問題点がなくなっていけば、キャリアを脅かす存在になると思っています。