【2022年7月】初代 GB3 GB4 GP3型 ホンダ フリード/スパイク/ハイブリッド バッテリー交換 オススメのサイズ

自動車

初代 GB3 GB4 GP3型 ホンダ フリードのバッテリー純正サイズ

初代 GB3 GB4 GP3フリードでは、38B19L、34B17Lの計2種類のバッテリーが搭載されています。

初代 GB3 GB4 GP3フリードは2008年5月~2016年9月まで発売され、装備、グレードによって38B19Lまたは34B17Lというバッテリーが使用されています。34B17Lが装着されている車両でも、38B19Lのバッテリーが装着可能です。

バッテリー交換時のオススメ

同じサイズを買うのでも問題ありませんが、どうせ交換するなら少しグレードアップしたバッテリーを搭載した方が安心できるのでオススメです。

特に遠方にお出掛けしたり、夜の走行が多かったり、近場しか走らないとか、暖房、冷房をたくたん使ったり、電装品をたくさん付けてる人は、バッテリーに大きな負荷がかかってる状態なので、突然のバッテリーあがりを回避するためにもバッテリーのサイズアップをした方がよいです。

【2022年7月】【その1】首都高が2割引!!とってもお得なイオン首都高カードを徹底紹介!!

買うならこのバッテリーがオススメ!!

信頼の国産、パナソニックのカオスがオススメです。通販だと市価の半額で買えるので、ズバリ下記がベストだと思います。

  • 標準車:38B19L→N-60B19L/C7
  • 標準車:34B17L→N-60B19L/C7

でも、そこまでグレードアップはしなくていいよ!っていう人は下記がリーズナブルでいいと思います。

  • 標準車:34B17L→N-46B19L/CT

カオスバッテリーの特徴

まとめ

バッテリーと一口に言っても色々なメーカーがあって、悩みますよね。迷ったら安心の国産メーカーパナソニックのCAOSブルーバッテリーを検討してみてはいかがでしょうか?