【2022年8月】初代 E11 日産 ノート バッテリー交換 オススメのサイズ

自動車

初代 E11 ノートのバッテリー標準サイズ

初代 E11 ノートでは、46B24L、55B24L、55B24L-HR、34B19Lの計4種類のバッテリーが搭載されています。

初代 E11 ノートは2005年1月~2012年9月まで発売されていて、

  • 1500cc、2WD(2005年1月~2006年12月頃)が46B24L
  • 1500cc、2WD(2006年12月頃~2012年9月)が55B24L-HR
  • 1500cc、2WD、寒冷地仕様(2005年1月~2006年12月頃)が55B24L
  • 1500cc、2WD、寒冷地仕様(2006年12月頃~2012年9月)が55B24L-HR
  • 1500cc、4WD(2005年1月~2008年1月頃)が46B24L
  • 1500cc、4WD(2008年1月頃~2012年9月)が55B24L
  • 1500cc、4WD、寒冷地仕様が55B24L
  • 1600ccが34B19L

を使用しています。

バッテリー交換時のオススメ

同じサイズを買うのでも問題ありませんが、どうせ交換するなら少しグレードアップしたバッテリーを搭載した方が安心できるのでオススメです。

特に遠方にお出掛けしたり、夜の走行が多かったり、近場しか走らないとか、暖房、冷房をたくたん使ったり、電装品をたくさん付けてる人は、バッテリーサイズをアップした方がよいです。

【2022年7月】【その1】首都高が2割引!!とってもお得なイオン首都高カードを徹底紹介!!

買うならこのバッテリーがオススメ!!

信頼の国産、パナソニックのCAOSバッテリーがオススメです。通販だと市価の半額程度で購入できます。

また、2021年12月16日からブルーバッテリー安心サポートが開始されていて、保証期間中のバッテリーあがり時にジャンピング対応してもらえます。ジャンピングで再始動しない場合はレッカー対応になります。最大搬送距離は20kmで、利用回数上限は、保証期間中に3回までとなります。

上記のCAOSバッテリーであれば、標準バッテリーに対して容量的にもかなりグレードアップされていて、今後数年は安心して運転できると思いますが、もう少しリーズナブルなバッテリーが欲しいという方は下記のバッテリーを検討してみて下さい。

CAOSバッテリーの特徴

まとめ

バッテリーと一口に言っても色々なメーカーがあって、悩みますよね。迷ったら安心の国産メーカーパナソニックで検討してみてはいかがでしょうか?