【2018年】下取より買取専門がオススメ!!車を高く売るためにやるべき事はこれ!

クルマ

買取店の査定の前にやるべきこと

出来るだけ高く、いい条件で売却するためには、最低限の準備が必要です。時間がない方は別として、まずは下記をやっておくことをオススメします。

  1. ディーラーでの下取り査定 車の買い替えの場合は、新しい車を購入するディーラーで車の査定をしてもらいます。買取専門店と比べると、かなり低めの価格が提示されるので実際に下取りはしません。あくまで、参考情報として最低ラインの価格を把握するためです。
  2. 中古車の価格調査 売却しようとしている車となるべく同じ状態、条件の車が市場でどれくらいの価格で売られているか、カーセンサー等の中古車販売サイトで確認します。年式、グレード、色、走行距離、オプション、ナビ、ETC、等は最低チェックしておきます。買取業者に買い叩かれないために、必ず自分で確認しておきましょう。

目標の買取価格を考える

ディーラーでの最低ラインと中古車の市場価格が確認出来たら、買取業者と交渉するに当たっての目標の買取価格を決めていきます。

車種、年式、グレード、色、装備、車検までの残存期間といった条件が、なるべく近い車の価格が、およそ100万円程度で売られている場合について、説明していきます。

お店としては、買取りに当たっての諸経費や人件費がかかっているのと、会社として一定の利益を確保しなければいけないので、市場価格から30万円引いた70万円をベースの目標価格と置きます。(複数回、買取店と交渉して売却してますが、このように説明して異論を唱えた業者は、今のところなしです。)

お店によっては、バックオーダーを抱えていて、お客さんから車種指定で車探しをお願いされているケースもあります。探してる車の条件と自分の車の条件がぴったり一致してる場合は、プラス10万円した価格(今回の例では80万円)で売れたりするケースもあります。

買取店としては、在庫として長期間抱えるリスクがないのと、今回買取りしないことで新たに車を探すことによる人件費を考えて、多少想定より価格が高くても買取りしておいた方がトータルでメリットがあるという判断になるからです。

実際にバックオーダーがあるかどうかは、教えてくれることもありますが、交渉の中で相手の言葉や様子から判断しなくてはいけないケースもあります。

買取店との交渉方法

買取業者をこちらで指定して査定を依頼するやり方と、一括で査定申込をして複数の業者から連絡をもらって依頼するパターンと2つありますが、オススメはやはり一括査定です。

理由は、複数の業者に査定してもらって1番高い所に売れるからです。

複数の業者に見てもらうと一口に言っても、やり方は2つあります。1つは1社ずつ時間をずらして、別々に査定してもらうパターン。もう1つは同じ時間で複数の業者に一斉に査定してもらうパターン。

前者は、時間が掛かるのと、提示された買取り価格がいい条件かどうか自分でその場で判断する必要があります。なので、事前に検討した目標価格と比較して判断することになります。

後者は、単純に1番高く買ってくれる業者を選択すればいいので、判断としては簡単です。買取店の担当者の話を聞く限りでは、後者で対応する人もかなり居る様です。

一括査定の方法について

複数の業者に価格を提示してもらうやり方としては、2つあります。どちらの方法で競わせるか、事前に売り手が決めておく必要があります。

  1. オークション方式 スタート価格を決めて、どこまでお金を出せるかを業者に競わせていくやり方です。価格が徐々に上がっていくイメージです。中古市場でのタマ数が多く、価格がある程度予測できそうな車はこちらをオススメします。
  2. 一発提示方式 集まってくれた業者に小さなメモ用紙を渡して、希望価格を書いてもらって、一斉に開示してもらうやり方です。中古市場でのタマ数が少なく価格が読みにくい車はこちらをオススメします。

まとめ

車の買取価格は引っ越し見積りと同じ位、お店によってかなりバラツキがあります。車は引っ越しと違って高額商品なので、しっかり準備をしてから、買取りしてもらうことを強くオススメします!

一括査定を希望の方は、下記をクリックして下さい。🔻🔻🔻

無料クルマ査定ナビ

かんたん車査定ガイド

車買取サポーター

車買取サポーター

カービュー
カービュー査定