【2018年】今1番オススメのドライブレコーダー/コムテック COMTEC HDR-352GH の特徴は?

クルマ

COMTEC HDR-352GHの概要

2017年1月に発売したGPS搭載の高性能ドライブレコーダー。超広角レンズと2.7インチ大画面が特徴で、コムテック製品の中で上位機種の位置付け。

また、フロントガラスへの設置に加えて、ダッシュボードへの取付も可能

HDR-352GHの特徴は?

  • 視野角168°の超広角レンズ採用。今まで見えなかった車の前方左右が大幅に見やすくなりました。
  • いざ!というときを逃さない! 3つの安心録画機能
  • 映像を守る安心機能

■バックアップ機能
事故などで電源が切断しても、スーパーキャパシタによりファイルの破損を抑え、記録した映像を保護します。

■SDカードチェック機能(撮り逃し防止)
多くのドライブレコーダーではSDカードが破損していても通常通り起動してしまい映像を記録できていないことがあります。本製品では起動時にmicroSDHCカードをチェックし、カードが破損していた場合は液晶表示で異常をお知らせするため、撮り逃しを防止できます。

■緊急録画停止機能
事故等の大きな衝撃を受けた際、録画を自動で停止します。これにより重要な映像を上書きすることがありません。
※衝撃検出感度はOFF含め11段階に調整できます。

  • 200万画素で映像もキレイ!高画質の鮮明な映像を撮影することで、万一のトラブルや予期せぬ事故が起きた時の事故原因解明やスムーズな事故処理等に役立つだけではなく、ドライブの記録映像として後から楽しむこともできます。
  • 記録した映像の確認方法
■本体液晶画面でカンタン再生!
本体の液晶画面で記録した映像をその場で確認できます。
オプションのAVケーブルを接続すればカーナビの画面で映像を再生することができます。
■ビューワソフトで詳しい情報を確認!
付属のmicroSDHCカードに収録された専用ビューワソフトを使用して、録画したデータをパソコンで確認可能!映像や音声だけではなく、Gセンサーの情報も確認できます。
またGPSを搭載しているため自車の走行軌跡を地図上に表示したり、走行速度も確認できます。録画したデータを動画や写真に変換し、パソコンへ保存することもできます。

役立つ便利機能

  • GPS機能。GPS搭載で自車の走行速度や位置情報を録画データと共に記録します。また日時情報もGPSにより自動で補正されるため、設定を行う必要がありません。
  • 全国のLED信号機に対応
  • 地デジやナビへの影響を抑えたノイズ対策済み!本製品は地デジの受信やナビのGPS受信などに影響を与えないよう、ノイズ対策を行なっています。
  • 多彩な液晶表示
  • 夜間でも明るく撮影。イメージセンサーを大型化することで従来よりも鮮明な映像を記録します。また、夜間の明るさアップも実現しました。
  • ドライブレコーダーステッカー同梱。サイズ:150(W)×42(H)/mm

録画時間

録画サイズと画質の設定で記録時間は変わってきます。初期設定(8GB、HD、高画質)で150分です。

  1. SDカード8GB 90~360分
  2. SDカード16GB 170~720分
  3. SDカード32GB 370~1450分

画質は高画質/低画質、録画サイズはフルHD(1920×1080)/HD(1280×720)/SD(640×360)から選べます。

最上位機種 HDR-352GHPと何が違う?

GHPは駐車監視機能が標準で付いていますが、GHはオプションでの対応となります。あれば便利な機能ですが、故障時等バッテリー上がりになる可能性もあります。

付属品は何が付いてるの?

下記が付属されます。

クルマへの取付位置

ダッシュボードにも取り付け出来るのが特徴です。画面表示も取付位置によって、上下が自動で切り替わります。

まとめ

ドライブレコーダーは、事故や犯罪にあった時に、事実を証明するために有効なアイテムだと思います。せっかくクルマに搭載するのであれば、安物ではなく、映像がきれいに撮れて、ユーザー評価も高く、信頼性のある製品がおすすめです。

HDR-352GHは発売されてから少し時間が経ってはいますが、機能的にはまだまだトップレベルに位置しています。

値段も手頃になってきてるので、これから購入される方にオススメです!

352GHPはこちら↓

【2018年】コストパフォーマンスが高いGPSレーダー探知機/セルスター Cellstar VA-910E の特徴は?